親の頑張りも必要

子役になるには2つのオーディションに合格しなければいけません。そしてこの2つのオーディションですが、子どもと共に、実は親も知らないうちにオーディションされているのです。実際に仕事をするのは子どもですが、その窓口となるのは親です。仕事をする上で、この窓口がどのような人物なのかを知るのは、当然のことと言えます。では、親は一体どういったところを見られているのでしょう。

仕事をする際、スケジュールや報酬の話は親に直接連絡するようになります。その時、その親が気難しい人であったり、あるいはいい加減で連絡が取れない人であればどうでしょう。仕事以前の問題です。こういう親はトラブルを引き起こすことが多いため、子どもがいくら有能でも、オーディションには受からないと考えてください。

オーディションは子どもが受けるものですが、それ以外の部分で、親と子の関係が見られています。親が無理矢理連れてきている雰囲気があったり、子どもが親の言うことを聞かなかったりという関係性は、不利な条件となります。子どものしつけや教育、そして時間の管理や台詞覚えなど基本的なことができるかどうかは親の協力が不可欠です。子役オーディションでは、親の頑張りも試されているのです。

オーディションの種類

子役タレントになるためには、オーディションを受けなければいけません。そのオーディションですが、まずは芸能事務所や養成所に入るためのオーディションがあります。いくら才能があっても、芸能事務所に所属していなければ仕事はできません。映画やドラマ、ミュージカルや舞台に出演するには、まず、芸能事務所や養成所のオーディションを受け、そして合格しなければいけないのです。

芸能事務所や養成所のオーディションで重要な点は、その子の個性です。いろんな役柄に対応するためには、より輝きを持った個性のある子どもを探しているのです。まずは、自分の個性をよく見なおして、それをしっかりとアピールできることがコツと言えるでしょう。そして芸能事務所や養成所に所属することができれば、レッスンで基礎を学び、次に仕事として役を掴むオーディションを受けることになります。

この役を掴むオーディションは、事務所や養成所に入るオーディションとは一転して、個性は必要ありません。その物語の主旨や設定を理解し、監督が求めている役をきちんと表現できるかどうかが重要になってくるのです。このように、2つのオーディションはそれぞれ審査基準が違います。そしてこの2つの難関を突破することで、ようやく子役として活動できるようになるのです。

子役への道を開くには

今、テレビ業界では多くの子役が活躍しています。ドラマだけにとどまらず、バラエティなどでもその姿をよく見かけるものです。そういった光景を見て、我が子をぜひ子役にしたい、と思う親御さんもいることでしょう。ただ、子役になるにはあるきっかけが必要となります。そのきっかけとは、ほとんどの場合オーディションです。

子役になるには、街でスカウトされたりキッズモデルからの流れというものもありますが、一般的にはオーディションを経るものとなります。そのオーディションですが、まずは子役として仕事をするためには、芸能事務所に所属しなければいけません。そのためのステップとして、芸能事務所に入るためのオーディションがあります。このオーディションに合格することで、子役への道が開かれていきます。

ただ、芸能事務所のオーディションに合格したからといって、仕事が与えられるというものではありません。映画やドラマに出演するには、役を掴むためのオーディションを受ける必要があります。つまり、オーディションには2つあるのです。そして、この2つのオーディションの鍵を握るのが、親御さんなのです。オーディションは、実は親子で審査されるのです。子役オーディションは親子で頑張るものなのです。

オーディションは親で決まる

テレビドラマはもちろんのこと、映画や舞台でも大人顔負けの演技を披露する子役。この華々しい活躍を見て、我が子も子役に、と思っている親も多いことでしょう。子役としてデビューするには、スカウトという方法もありますが、通常はオーディションを受けることになります。ただ、このオーディションですが、子どもが受けるだけでなく、実は親も試されているのです。そういう意味で、子役のオーディションは親の協力が欠かせません。では、そのオーディションはどのような内容のものなのでしょう。

まず、意外と知られていないのですが、オーディションには2種類あります。子役としてドラマなどに出演するには、芸能事務所に所属しておかなければいけません。つまり、子役になるには、芸能事務所に入るためのオーディションを受ける必要があるのです。しかし、芸能事務所に入ったからと言って、すぐに役が貰えるはずもありません。芸能界は競争社会です。役を掴むためにもオーディションがあるのです。この2つのオーディションに受かるためには、それぞれにコツがありますし、親の頑張りも必要となるのです。

親は実際にオーディションに参加することはありません。ただ、子を見れば親が分かると言われるように、しつけや教育のできていない子どもは、まずオーディションに受からないと考えたほうがいいでしょう。仕事の直接的な窓口は親になります。つまり親の態度、親と子の関係、こういったことが重視されるのです。このサイトはこのような子役オーディションについて説明します。