子役への道を開くには

今、テレビ業界では多くの子役が活躍しています。ドラマだけにとどまらず、バラエティなどでもその姿をよく見かけるものです。そういった光景を見て、我が子をぜひ子役にしたい、と思う親御さんもいることでしょう。ただ、子役になるにはあるきっかけが必要となります。そのきっかけとは、ほとんどの場合オーディションです。

子役になるには、街でスカウトされたりキッズモデルからの流れというものもありますが、一般的にはオーディションを経るものとなります。そのオーディションですが、まずは子役として仕事をするためには、芸能事務所に所属しなければいけません。そのためのステップとして、芸能事務所に入るためのオーディションがあります。このオーディションに合格することで、子役への道が開かれていきます。

ただ、芸能事務所のオーディションに合格したからといって、仕事が与えられるというものではありません。映画やドラマに出演するには、役を掴むためのオーディションを受ける必要があります。つまり、オーディションには2つあるのです。そして、この2つのオーディションの鍵を握るのが、親御さんなのです。オーディションは、実は親子で審査されるのです。子役オーディションは親子で頑張るものなのです。