オーディションの種類

子役タレントになるためには、オーディションを受けなければいけません。そのオーディションですが、まずは芸能事務所や養成所に入るためのオーディションがあります。いくら才能があっても、芸能事務所に所属していなければ仕事はできません。映画やドラマ、ミュージカルや舞台に出演するには、まず、芸能事務所や養成所のオーディションを受け、そして合格しなければいけないのです。

芸能事務所や養成所のオーディションで重要な点は、その子の個性です。いろんな役柄に対応するためには、より輝きを持った個性のある子どもを探しているのです。まずは、自分の個性をよく見なおして、それをしっかりとアピールできることがコツと言えるでしょう。そして芸能事務所や養成所に所属することができれば、レッスンで基礎を学び、次に仕事として役を掴むオーディションを受けることになります。

この役を掴むオーディションは、事務所や養成所に入るオーディションとは一転して、個性は必要ありません。その物語の主旨や設定を理解し、監督が求めている役をきちんと表現できるかどうかが重要になってくるのです。このように、2つのオーディションはそれぞれ審査基準が違います。そしてこの2つの難関を突破することで、ようやく子役として活動できるようになるのです。