親の頑張りも必要

子役になるには2つのオーディションに合格しなければいけません。そしてこの2つのオーディションですが、子どもと共に、実は親も知らないうちにオーディションされているのです。実際に仕事をするのは子どもですが、その窓口となるのは親です。仕事をする上で、この窓口がどのような人物なのかを知るのは、当然のことと言えます。では、親は一体どういったところを見られているのでしょう。

仕事をする際、スケジュールや報酬の話は親に直接連絡するようになります。その時、その親が気難しい人であったり、あるいはいい加減で連絡が取れない人であればどうでしょう。仕事以前の問題です。こういう親はトラブルを引き起こすことが多いため、子どもがいくら有能でも、オーディションには受からないと考えてください。

オーディションは子どもが受けるものですが、それ以外の部分で、親と子の関係が見られています。親が無理矢理連れてきている雰囲気があったり、子どもが親の言うことを聞かなかったりという関係性は、不利な条件となります。子どものしつけや教育、そして時間の管理や台詞覚えなど基本的なことができるかどうかは親の協力が不可欠です。子役オーディションでは、親の頑張りも試されているのです。