オーディションは親で決まる

テレビドラマはもちろんのこと、映画や舞台でも大人顔負けの演技を披露する子役。この華々しい活躍を見て、我が子も子役に、と思っている親も多いことでしょう。子役としてデビューするには、スカウトという方法もありますが、通常はオーディションを受けることになります。ただ、このオーディションですが、子どもが受けるだけでなく、実は親も試されているのです。そういう意味で、子役のオーディションは親の協力が欠かせません。では、そのオーディションはどのような内容のものなのでしょう。

まず、意外と知られていないのですが、オーディションには2種類あります。子役としてドラマなどに出演するには、芸能事務所に所属しておかなければいけません。つまり、子役になるには、芸能事務所に入るためのオーディションを受ける必要があるのです。しかし、芸能事務所に入ったからと言って、すぐに役が貰えるはずもありません。芸能界は競争社会です。役を掴むためにもオーディションがあるのです。この2つのオーディションに受かるためには、それぞれにコツがありますし、親の頑張りも必要となるのです。

親は実際にオーディションに参加することはありません。ただ、子を見れば親が分かると言われるように、しつけや教育のできていない子どもは、まずオーディションに受からないと考えたほうがいいでしょう。仕事の直接的な窓口は親になります。つまり親の態度、親と子の関係、こういったことが重視されるのです。このサイトはこのような子役オーディションについて説明します。